4月1日生まれはなぜ早生まれなのか?

もうすぐ入学式。 2010年4月1日生まれの子は2016年4月1日から小学生。 他方、2016年4月2日生まれの子は翌2017年4月1日から小学生。 誕生日が1日違うだけで小学校の入学が一年伸びる。 この違いはどこにあるか? まず、小学校の入学について、 学校教育法第17条は 「保護者は、子の満六歳...

▼続きを読む

いよいよ始まるマイナンバー 第2弾

具体的にマイナンバーが使われる場面 個人の特定にマイナンバーは便利だとして、それでは具体的にどのような場面でマイナンバーが使われるのでしょうか? 被災者支援 東日本大震災に見られるように家が津波で流されたり、放射能汚染のため避難せざるを得ないなど、元の住所地に住むことができない人を把握するには、住民...

▼続きを読む

いよいよ始まるマイナンバー

生まれたばかりの赤子からお年寄りまで、すべての国民に番号が振られます。 2015年10月。 あなたのところに一枚の通知が届きます。 そこに書かれた番号。 この番号がこれから死ぬまで一生涯、あなたについて回ります。 この番号。得体の知れないものですが、あなたの人生に関わるものなので、邪険に扱うこともで...

▼続きを読む

インターネット法務・トラブル 相談料金

投稿記事の削除依頼(国内のサーバー管理者に対して) 内容証明郵便によって削除要求をする場合 50,000円(別途消費税)/件(別途実費) 内容証明郵便だけでなく訴訟手続にまで発展する場合 着手金:300,000円(別途消費税)   成功報酬:300,000円(別途消費税) 発信者情報の開示...

▼続きを読む

10月22日の判決。著作権侵害にも発信者情報開示請求

東京地方裁判所平成25年10月22日判決 考察 発信者情報開示請求は掲示板の誹謗中傷記事のみならず、著作権侵害にも使えます。 事案の概要 ニコニコ動画に掲載された動画が原告の著作権を侵害していると主張して,被告が保有する発信者情報の開示を求めた事案。 裁判所の判断 著作権侵害 原告は,本件動画は,原...

▼続きを読む

なりすましの犯人さがし

Facebook,ツイッター,LINEなどのSNSで何者かが勝手に人の名前を使ってアカウント作成し,投稿を行うなりすましが行われておりますが,このなりすましも投稿する際にはIPアドレスが使われるので,どこのプロバイダで契約しているのか,発信者情報の開示を請求することができます。 今回の記事によると,...

▼続きを読む

インターネット法務・トラブル

投稿サイトに匿名で自分の誹謗中傷記事が書き込まれたら、どうやって犯人さがしをするか? この場合、まずサイト管理者に対して、発信者(犯人)情報の開示請求を行います。 これで犯人の名前がすぐに分かる訳ではありませんが、サイト管理者からは投稿時のIPアドレスを教えてもらえます。 次に、IPアドレスからプロ...

▼続きを読む

10月6日の判決 ブログに書き込んだ犯人を探せ!

東京地方裁判所平成18年10月6日判決 発信者情報開示請求 主文 被告は,原告に対し,別紙発信者情報目録記載のリモートホストアドレスに係る発信者の氏名又は名称及び住所を開示せよ。 事案の概要 原告が,インターネット上にホームページを開設して,自らが原告として提訴した敷金返還請求訴訟の経緯等を公開して...

▼続きを読む

9月21日の判決 ブログに寄せられたコメントに対する慰謝料請求

    札幌地方裁判所平成23年9月21日判決       考察   ブログの記事に対して、侮辱するようなコメントをされた場合には慰謝料が認められますので、泣き寝入りはやめましよう。   なお、判決で書かれている表現をググってみると、検索できてしまうので、ここではどのような表現がされているかは明らか...

▼続きを読む

9月6日の判決 転載記事でも発信者情報開示請求の対象となる。

東京高等裁判所平成25年9月6日判決     考察   いちど公になった記事であったとしても,これを再度転載すれば名誉毀損です。     事案の概要   既に公開されているインターネット上の掲示板に掲載された記事又は出版された書籍の内容をインターネット上の掲示板に転載された匿名の書き込みによって自己...

▼続きを読む