メディア実績一覧

遺言書に斜線を引くなら破って書き直せ!

image

文面全体に斜線を引く遺言書の効力が争われた裁判で平成27年11月20日最高裁判決が出ました。 斜線を引いた遺言書も文字が読めるので一審二審は有効とされていましたが、文面全体に斜線を引くという本人の意思は遺言書の効力を失わせる意思の表れとして最高裁はこれを無効としめした。 普段、書き直しとかで、文面全体に斜線を引くということはあると思いますので、最高裁の判決は妥当だと思いますが、それにしても紛らわしい。 相続が争族とならないように遺言書を作るのでしょうから、初めから紛らわしい遺言書を残しておくのはやめましょう!

※遺言書のイメージは日経新聞より取得

テリー伊藤のトラブルハンターー住まいのトラブル編ー

テリー伊藤さんの軽妙なトークと

アパートオーナーであるレッド吉田さんのオーナーならではの現実味溢れるお話。

可愛いアシスタントの三原勇希さんの癒しと

スポンサーであるトラブルマスターこと久米社長のナイスなボケ。

そして、当事務所の桐生貴央弁護士の冴え渡る?トークでお送りいたしました。

ご笑覧くださいませ。

テリー伊藤のトラブルハンター

全国1億2000万人のファンの皆様こんにちは!

TOKYO MXTV 「テリー伊藤のトラブルハンター」(http://s.mxtv.jp/trouble_hunter/)という番組うの収録に行ってきました。

この番組は毎週火曜日の20:30から21:00までの30分番組でプリベント少額短期保険という弁護士費用を負担してくれる保険会社がスポンサーの番組です。

弁護士費用保険とはなにかというと,

人生

「 登り坂」「下り坂」そして「マサカ」

「マサカ」のときは,弁護士に問題解決を依頼しなければなりません。

そのとき,まとまったお金を払う場合がありますが,これを一度に工面する事は大変です。

そこで,日頃から「マサカ」のときのために保険に入っておいた方がいいのではないか。

という発想から出来た保険です。

是非,HPをご覧ください(http://preventagent.wix.com/frd16016)。

ちなみに,私は7回目と8回目の「住まいのトラブル」のコーナーに出場します。放映は11月18日と25日です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

週刊現代 平成26年3月15日発売号 暴言に関する件

慶大生が恋人に「死んでくれ」メールで逮捕 気をつけろ! パワハラ上司や暴言夫も「自殺教唆罪」で捕まるぞ

の記事に弁護士桐生貴央のコメントが掲載されました。

http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/3908/

image

週刊女性自身 2013年5月28日号 壇蜜元葬儀社勤務解説 家族で作る「エンディングノート」書き込み対話式付録

壇蜜元葬儀社勤務解説 家族で作る「エンディングノート」書き込み対話式付録のコーナーを弁護士桐生貴央が監修させていただきました。

img130528

週刊現代 平成24年3月24日号 「コンプライアンス日本」を生き抜く知恵

「コンプライアンス日本」を生き抜く知恵」
身の破滅を防ぐ「法律」の知識と適切な「反撃」
の記事に弁護士桐生貴央のコメントが掲載されました。

週刊現代 平成24年3月17日号 我が家のコンプライアンス入門

お父さん必読 「我が家のコンプライアンス」
の記事に弁護士桐生貴央のコメントが掲載されました。

週刊現代 平成24年1月7・14日合併号 離婚・皇室に関する記事

雅子妃「離婚」その現実的対応
親権は争えるのか 愛子さまはどちらに
財産分与と慰謝料は 皇太子は弁護士を頼めるのか

の記事に弁護士桐生貴央のコメントが掲載されました。

SANKEI EXPRESS 平成23年12月6日号 【逍遥の児】

『武士道体得をめざす弁護士』
のタイトルで弁護士桐生貴央の記事が掲載されました。

img111206

週刊現代 平成23年9月3日号 相続に関する記事

これが法律 「亡き夫」が遺した推定200億円 萬田久子に「相続の権利」はゼロ

の記事に弁護士桐生貴央のコメントが掲載されました。

image